パチンコ最新トレンド

国内最大級のパチンコ・パチスロ最新まとめブログ!
パチンコ業界ネタをはじめ、ニュース、YouTube動画や独自のルートで仕入れる小ネタまで豊富なラインナップ♪

    こんにちは!パチトレです。

    毎度のことながら遅くなってしまい、すみませんm(__)m

    さて、先週のクイズの答えと当選者の発表です♪


    私が推しているP店スタッフは、ミカド五反野店のあんこ様です。


    (出典:youtube)

    回答していただいた皆様、全員正解でしたね!

    その中でも良く見てるなーって方に今回はアマギフプレゼントさせていただきます✨


    【当選者】『文字も背景もホワイトにしてありますので、数字の横を選択してください』

    ※iPhoneやiPadの方は、選択しても見れない場合、一度コピーして別の場所にペーストしてみてください。

    【①】 @yu_ukokko

    当選した方、   

    ※当選者の方は、お手数ですがTwitterで当選報告見ましたとDMください。確認が取れ次第、アマギフのコードを送らせていただきます。

    ハズレてしまった方、次回のプレゼント企画またすぐ発動します!フォローはステイで宜しく!

    【Twitterアカウント】@ptrend2020 

    s_kibou
    (出典:
    biz-journal.jp)

    メーカーの絶え間ない努力により、パチンコは規制内の限界へと確実に近づいている。
     
    中でもスピードの限界を目指した『P大工の源さん超韋駄天』(SANYO)は、時速3万発以上とも言われる圧倒的な出玉速度で大好評。平均約3.5秒で決着する爽快感と継続率約93%のRUSHがもたらす出玉感は「新内規の最高傑作」と称賛の声すら上がっている。
     
    同じくサンセイR&Dの『P10カウントチャージ絶狼』も、神速という名に相応しい出玉スピードで好評を得た。そんな同社と言えば、『P真・牙狼』のPVを公開。「スペックを一新」し、遊タイムを含む3種類の時短が搭載されているようだ。
     
    右打ち中はスピード感が徹底的に追求された仕様。早くも「絶狼以上の仕上がりでは?」と期待の声が続出している。
     
    そして、限界を攻めたマシンと言えば「相当アマいスペック」と話題の『ぱちんこ 仮面ライダー轟音』(京楽産業.)の登場も控えている。
     
    「導入前から『仮面ライダー』の前評判はかなり高いですね。継続率約83%で殆どの振分けで約1500発が獲得できる強力なSTが魅力ですが、本機の特徴は遊タイムを含む時短性能にあります。
     
    低確の状態で950回転消化すれば、ほぼSTに突入できる1200回の遊タイム。そしてSTを抜けても40%で120回の時短が付いてくるという甘すぎる仕様です。『これ以上のスペックはない』『遊タイム時代の王となるだろう』という声が続出してます」(記者)
     
    このように、限界を意識したスペックが注目を集めている状況の中、あの名物メーカーも渾身の一台を投入しそうな気配だ。「賞球1玉」を採用して「未体験の速撃」を実現させた「遊タイム搭載機」が間もなくベールを脱ぐ。ニュースサイトで読む

     【Twitterアカウント】@ptrend2020 

    98a0928d2eaaea96e194491475f5f211a83685da-450x179
    (出典:yugi-nippon)

    パチンコ・パチスロをパソコン、スマホで遊べるオンラインゲーム「777TOWN」はこのほど、15周年を迎えたことを記念して、8月21日と8月28日の2週連続でユーザー参加型の生放送イベントを行うことを発表した。

    生放送イベントは、「777TOWN」公式YouTubeチャンネルとPeriscopeチャンネルで、両日とも午後8時から3時間にわたって実施する。当日はスペシャルゲストとして、グラビアアイドルの清水あいりさんが登場し様々な企画に挑戦。また、同じくグラビアアイドルの高橋凛さんも登場し、MCには、お笑い芸人・スパローズの森田悟さん(21日)、ニュークレープのデビさん(28日)を迎え、777TOWNを楽しむ「みんなで出玉イベント」などを行うほか、パチンコ・パチスロ好きな8組の若手芸人によるネタバトルも行われる。

    【「777TOWN 15周年記念2週連続生放送」特設サイト】
    URL:https://www.777town.net/campaign/anniversary15live/

    【Twitterアカウント】@ptrend2020 

    こんにちは!管理人です!

    #毎週プレゼント 第15回の当選者発表です。


    アマギフの受け渡しまでのご説明もありますので、最後まで読んでください。

    まずはブログ限定のクイズ出題から...

    EZ5kVARU0AE1MWi

    【Q】私が推しているパチンコ店の女性スタッフがいます。〇〇店〇〇さんと答えてください。

    ブログのコメント欄にTwitterのIDと答えを記入してください!(コメント欄は、締め切りまで非公開にします。)

    ※正解者の中から1名様にアマギフ×1,500円プレゼント致します。(締切:8月20日23:59まで)


    【第15回当選者】『文字も背景もホワイトにしてありますので、数字の横を選択してください』

    ※iPhoneやiPadの方は、選択しても見れない場合、一度コピーして別の場所にペーストしてみてください。

    【①】 @zn_c9

     @KANAYAM31885035

    当選した皆様、   

    ※当選者の方は、お手数ですがTwitterで当選報告見ましたとDMください。確認が取れ次第、アマギフのコードを送らせていただきます。

    ハズレてしまった方、次回のプレゼント企画またすぐ発動します!フォローはステイで宜しく!

    【Twitterアカウント】@ptrend2020 

    pixta_30081401_S-550x366
    (出典:hbol.jp)

    2020年4月1日からの改正健康増進法の全面施行により、パチンコ店も類に漏れず原則禁煙となった。

    成人喫煙率が30%を下回っている日本社会の現状であるが、ことパチンコ店に限っては客の喫煙率は60%を超えると言われている。

    パチンコ店の禁煙化は、ギャンブル等依存症対策の流れを汲む遊技機規則等の改正による旧規則機(≒高射幸性遊技機)の撤去も相まって、業界全体に深刻なダメージをもたらすことは必至であった。

    そのため、そもそも2020年はパチンコ業界にとって生と死の分水嶺の年だったのだ。  ましてコロナである。

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大による政府の緊急事態宣言を受けた協力休業や客足の激減は、パチンコ店の営業に甚大な影響を及ぼした。

    緊急事態宣言が解除された直後は徐々に客足も戻りつつあったが、第二波とも呼ばれる感染の再拡大は再び客を遠ざけた。

    旧規則機の撤去。パチンコ店の禁煙化。そしてコロナ。パチンコ店を取り巻く三重苦。一部パチンコ店が自治体の休業要請に従わず営業を強行したことによる社会的バッシングまで含めれば、絶体絶命の四面楚歌な状況と言っても過言ではないだろう。

    しかしどのようなビジネスであろうとも、逆境の中にも希望の光があるもので、改正健康増進法による禁煙化が、逆にパチンコ店に客足を戻す切っ掛けになりつつある。

    キーワードは「
    加熱式タバコ」だ。

    【Twitterアカウント】@ptrend2020 

    7c1aeda306c09db8d08f01ba328cff48-450x304
    (出典:tokyo-sports.co.jp)

    現在、パチンコホールが完全分煙化されていることをご存じだろうか? 今年4月1日から受動喫煙防止対策を強化する改正健康増進法が施行され、パチンコホールも原則、屋内禁煙となった。

    遊技客の喫煙率が高いとされるパチンコ店の多くは、喫煙室を設けるなどの対策を取っている。そんなホールの〝喫煙事情〟をミス東スポ2020・枢木むつ(26)がリポートする

    枢木が向かったのは、東京・葛飾区亀有にある「ダイナム亀有店」。同店は全国46都道府県に404店舗あるダイナムグループの第1号店だ。

    入り口では同店スタッフからマスク着用の声掛けと配布があり、手指のアルコール消毒液が設置されている。そして店内設備・遊技機の消毒や飛散防止の設置、従業員のマスク着用、入店時の検温など、コロナ感染予防対策がキチンとされた店内に入ると…。

    「全然、たばこの匂いがしない!」

    普段あまりホールに行かない枢木にとって「パチンコはたばこを吸いながら打つ人が多い」というイメージが強い。

    しかし、現在は全席禁煙のため、遊技機と向き合ってたばこを吸っている人はいない。愛煙家はどうしているのだろう?

    店内を見回すと、1階に1人用の喫煙室が3か所、2階に定員3人の喫煙室が設けられている。ドアがあり、外部排気型となっているので、店内に煙が漏れることはない。

    コロナ禍の影響で3密を避けるため、間隔を空けた利用を求めるボードなども設置されている。たばこを吸う人たちはルールをきちんと守り、喫煙ルームを利用しているのだ。

    遊技客の評判も上々。同店スタッフは「一部の方からは『喫煙スペースへの移動が面倒』という声が寄せられましたが、『たばこを吸う人も吸わない人も分煙になってよかった』という声を多くいただいています。

    特に女性のお客さまからは『店内の空気がキレイになった』と好評です」と話す。

    たばこを吸う人も「最初のころは、店内が禁煙になったことを忘れて、大当たりしてたばこに火をつけそうになったけど、慣れれば別に問題ないね。以前と違って他人のたばこの煙を吸うこともないので快適。たばこを吸わない人にも嫌がられないし」と答えた。

    ダイナム広報担当者によると「全国約400店舗に新たに喫煙ルームを作るのに10億円ほどかかりました。これまで、全国でたばこ関係のトラブルなどは発生していません」。

    これだけしっかりした喫煙スペースがあれば、吸う人も吸わない人も安心して打てるだろう。

    「今後は、完全分煙化されたことを広く知ってもらって、ホールから遠のいてしまった人たちに再び足を運んでもらいたいですね」と同店スタッフ。

    取材した枢木は「今のパチンコホールは、コロナ感染予防もたばこの受動喫煙防止もしっかり対策がなされていて安心なんですね」と納得の表情で語った...ニュースサイトで読む


    【Twitterアカウント】@ptrend2020 
     

    このページのトップヘ